スポンサーサイト

2016.05.02 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    いろいろと勉強になりました

    2016.04.16 Saturday 14:04
    0
      雑誌「サライ」に豊子師匠のインタビュー記事
      大人の雑誌ということで僕とは縁にないものだったけど
      特集が「禅」ということでありがたかった。
      記事が簡潔正確で本当に勉強しているキチンとした雑誌だと思う。

      さてお目あてのインタビュー記事
      なんと5ページにわたって豊子師匠のみにトピックをあてた構成
      とは言っても浪曲を全く知らない人でも読み進められるようになっている。
      プロの技ですね。
      豊子師匠がデスマスで答え続けているのが?だけど
      そこは愛嬌ということで。
      本当はあの喋りを文字に起こしたら面白いんだけどね。
      category:浪曲 | by:政裕 | - | -

      木馬亭に行ってきた17

      2016.04.02 Saturday 16:44
      0
        桜の季節なのに肌寒い今日この頃、杖をつきながら浅草木馬亭に
        4月1日、曲師沢村美舟さんのデビューの日なのです。

        国本はる乃「将軍の母」曲師 豊子
        初めて聞く外題だけど面白かった。聞くたびに上手くなってる

        澤勇人「白波五人男 弁天小僧」曲師 喜美江

        富士鷹雄「恩讐の彼方へ」曲師 金魚
        前口上なしにいきなり始まった。浪曲ではありなんだろうが、せめて外題だけでも

        玉川奈々福「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」曲師 美舟
        奈々福さん凄い人気 この人目当てに人も多いのでは。
        この所木馬亭のお客さんも着実に増えてるし、浪曲盛り返してるよね

        美舟さん、ツボはずしも弾きぞこないもなく初舞台とは思えない弾きっぷり
        ご本人は満足できなかったようだけど、練習と本番は全然違う。
        の中でいいデビューだったとお客さんの一人は思った。

        東家孝太郎「頭山」曲師 金魚
        以前同じ外題を聞いたけど長足の進歩。素晴らしい

        神田真紅「猿飛佐助の生い立ち」

        富士琴美「燃える絆」曲師 喜美江
        せっかくの琴美さんなのに本がどうなんでしょう。勿体ない

        三門柳「紺屋高尾」曲師 豊子
        武春師匠の十八番だけど、三門博師匠の脚色版
        ケレンに徹して分、三門節満載
        バラシに節付けが独特で「観音経」を聞いてるようで楽しかった。 
        category:浪曲 | by:政裕 | - | -

        三味線を皆に見られながら組み立てる

        2016.03.19 Saturday 16:58
        0
          玉川太福さんの朝日カルチャーセンターの講座
          第3期が最終回

          三つ折り鞄から三味線を取り出し皆に見られながら組み立てたのは私ではなく
          玉川みね子師匠
          三味線の部位などを説明しながら。

          太棹三味線って実際にもってみると重くてビックリするんだけど
          さすがに受講生に持たせるのはリスクあるものね。

          木馬亭の紹介をした後に
          木馬亭に行ったことがあるかどうか受講生に聞いたら全員があるとのこと。
          一年平均入場者数が50人 「つなし」の時もあることも考えると盛況なのでは

          新作を作るときの話など参考になった。
          地の文で説明しなけれがならないくだりを
          外題付けに凝縮してしまうとか
          ところが、この外題付け 節に酔って話が入ってこないことがあるのは僕だけ。

          カルチャーセンター自体が初めてだったんだけど
          楽しい講座だった。ありがとうございました。
          category:浪曲 | by:政裕 | - | -

          木馬亭に行ってきた16

          2016.03.08 Tuesday 15:06
          0
            なんか知らん雨の中の月曜日7日木馬亭へ
            さすがにこの日は浅草も人通り少なく

            まずは富士実子「慈母大蛇」曲師は伊丹秀敏
            秀敏師匠ずっと調子笛吹いてた。調弦は舞台に上る前に

            次は東家孝太郎「野狐三次 三次と両国」曲師は伊丹明
            声の大きいのはいいことだけど、他もね

            お次は鳳舞衣子「三味線やくざ」曲師は伊丹秀敏
            以前からそうだけど、舞台を広く使っての口演
            秀敏師匠まだ調子笛吹いてた。三味線の調子悪いのか

            中トリが富士琴美「東雲座」曲師は秀敏師匠連投です

            中入り後玉川太福「任侠流山動物園 流山の決闘」曲師は相三味線玉川みね子
            落語ネタの新作 初めはアウェーな感じだったけど
            後半になるにつれ、木馬亭常連も面白いと言いだした。大変でしたね

            講談は宝井一凜「紺屋高尾」
            浪曲では武春さんで有名 講談で聞けて良かった。いかにも講談師という語り口

            トリ前は富士孝雄「勝田新左エ門妻子も分かれ」曲師は水野金魚
            この人初めてみました。いかにも天狗連出身という感じ
            ベテラン感あるしツボをはずしません。

            トリは東家浦太郎「大塩平八郎政談 俳句の徳」曲師は伊丹明
            節と啖呵の良さに酔いしれて、物語が入ってこない位 いつも通りの名人芸
             
            category:浪曲 | by:政裕 | - | -

            上には上がいる

            2016.03.01 Tuesday 20:18
            0
              暖かさを感じた27日、木馬亭で沢村豊子・さくら「曲師の親子会」
              会場15分前に行ったけど、すでに30人程が並んでいて、初めての満員の木馬亭
              大阪をはじめ各地から来ている人もいる。人気ですね

              さくらさんと奈々福さんの挨拶の後
              五月一秀で「大石書損の軸」曲師はさくらさん
              関西節のケレン読み さくらさんの三味線 生で初めて

              玉川奈々福「浪花節更紗」曲師は豊子師匠
              この外題以前ラジオで聞いてから、生で聞きたかった。
              時間がたっぷりあったせいかラジオ版より進化していて聞きごたえたっぷり
              出弾きで関東節を弾く豊子師匠 初めて拝見

              中入りの後「三味線コーナー」
              板付き2人でそれぞれ様々な節を弾いた後
              五月一秀による節真似
              豊子「私あなた初めて弾くから」奈々福「師匠、大阪で弾いてます」
              豊子師匠向かうところ敵なし。
              このコーナーで豊子師匠新弟子の沢村美舟さんが紹介された

              京山小圓嬢「名刀稲荷丸」曲師さくら 「今日はだしみたいなもんや」
              80過ぎてこの口演 予想をはるかに裏切る素晴らしさ

              トリは東家浦太郎「野狐三次〜彫物の由来」曲師豊子師匠
              浦太郎師匠を豊子師匠が弾くことはあまりなく(清太郎のころはよく弾いたとのこと)
              大阪公演に前に随分練習したらしいです。
              名人同士の化学反応 最高ですね。

              最後に25日に79歳になった豊子師匠の誕生日会
              ケーキが用意され、ローソクを吹き消そうとする豊子師匠に「はい、行って」と背中を押す声
              小圓嬢師匠でした。
              無敵の豊子師匠に指示する人がいるなんて 上には上がいました。はい
               
              category:浪曲 | by:政裕 | - | -

              NHK浪曲特選・冬

              2016.02.21 Sunday 14:22
              0
                「NHK浪曲特選・冬」今年もNHK大阪ホールでの収録
                毎年のことだけど、当日掛けられた演目にうちのいくつかを放送

                今年は俳優の近藤正臣がゲスト
                朝ドラと大河ドラマの宣伝がらみですね。
                近藤さんはミニコーナーで「壺坂霊験記」の外題付けも披露
                ハプニングみたいな演出だったけど、練習したんだろうね あらかじめ調子あってたし
                上手かったです。

                三原佐和子「亀甲組〜木辻の郭」 曲師 虹友美
                素晴らしい節回し

                ここからは真田幸村関連に演題が続いて
                天中軒雲月「徳川家康〜人質から成長の巻〜」 曲師 沢村さくら

                春野惠子「落城の淀君」 曲師 一風亭初月

                松浦四朗若「坂崎出羽守」 曲師 虹友美
                どなたも熱演 節も素敵でした。
                 
                category:浪曲 | by:政裕 | - | -

                木頭を打った

                2016.02.20 Saturday 13:24
                0
                  さてさて玉川太福さんの浪曲”超”入門の2回目
                  今回は木頭を打つ体験をさせてもらいました。

                  3対持ってきていて、それぞれ貰ったものだということだけど
                  僕は黒檀でできたもの、こちらはすぐにいい音 さすがは黒檀。
                  もう一つ玉川桃太郎師匠に貰ったいう木頭
                  ちゃんと玉川桃太郎って名前が書いてある。やばいです
                  そうとう使いこんであるのでは、巡業も一緒に回ったのか
                  貴重な体験 ありがたや。
                  でも、これをタイミング良く鳴らすって難しいわね

                  BS11「柳家喬太郎のようこそ迎賓館」に豊子師匠と奈々福さんが出演
                  浪曲師は初出演 まあそうでしょう
                  「浪曲シンデレラ」を口演
                  次の出演者は太福さんかな。

                  BSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん」には菊地まどかさん
                  演歌歌手としての出演だと思ってたけど
                  トークコーナーで浪曲を
                  それもちょっと一節というのではなく
                  本格的に「赤垣源蔵」の一節を佐藤喜美江さんの三味線で唸った。  

                  BSとはいうもののNHK以外で浪曲
                  テレビの多チャンネル化のおかげなんだろうけど、これはチャンスですね。
                   
                  category:浪曲 | by:政裕 | - | -

                  木馬亭に行ってきた15

                  2016.02.06 Saturday 10:29
                  0
                    この所の寒さが和らいだ中、中国語が飛び交う浅草に
                    木馬亭受付で27日の「沢村豊子・さくら 曲師の親子会」のチケットゲット

                    まずは富士実子「恋と武士」ノリ子
                    まだこれからですね。上目使いで唸るので、美人なのにちょっと怖いです

                    東家孝太郎「闇に散る小判」豊子
                    啖呵が上手い。もうちょっと声を抑えた方がいいところもあったけど
                    豊子師匠の三味線聞きほれてしまった。

                    花渡家ちとせ「二十年目の恩返し」明
                    浪曲らしい演目 上手い 美人 

                    港家小柳「大石妻子別れ」豊子
                    前口上で病み上がりということでしたが
                    節の途中で声が出にくくなってしまって 中断 
                    病気を治してきますと言って幕だったけど仕方のないことです。お大事に

                    玉川太福「太閤記 長短槍合戦」みね子
                    まだ貞心師匠が楽屋入りしてないという「プレシャー」の中
                    相変わらず楽しい浪曲 もっと聞いていたい。

                    一龍斉貞心「二度目の清書」
                    大石妻子別れの後半部分から寺坂吉右衛門の駆けつけまで 素晴らしい

                    大利根勝子「梅山家の縁談」みね子
                    十八番 熱演 
                    みね子師匠の関西節 レアですよね。聞けて幸せ

                    東家浦太郎「紋三郎秀」明
                    「国本君がいなくなって、我々年寄は大変です。もうひとぶんばり」
                    素晴らしい浪曲一席の後、オリジナルの歌謡曲3曲も 観客としては得しました。
                    category:浪曲 | by:政裕 | - | -

                    国本武春師お別れの会

                    2016.02.04 Thursday 20:13
                    0
                      年末に鬼籍に入った国本武春師のお別れの会が3日、浅草ビューホテルで行われた。
                      所属している三味線の会が毎年、新年会で使っている会場
                      4階をぶち抜きで立食スタイルにしたので1000人収容のホールが8割方埋まってた。
                      木馬亭でやるという案もあったそうだけど、大会場でやって正解でしたね。

                      あらためて武春師匠凄い人だったんですね
                      浪曲、落語だけではなく演劇、音楽関係からもたくさんの列席者
                      遠方から新幹線で来た方も。

                      会場で流されていた過去のドキュメンタリー番組の映像
                      武春師25歳の時のもので
                      津軽三味線佐藤通弘さんとのコラボを中心に
                      師匠にマンツーマンで稽古をつけてもらったり
                      後見で荷物をいくつも持ったり
                      生家で家業を手伝ったりの貴重な映像てんこ盛りで見入ってました。

                      列席者の挨拶の後、ブルーグラス、津軽三味線の生演奏があり
                      喪主である奥様のご挨拶
                      感動しました。泣いてしまいました。武春師、お月様になったのですね

                      帰りにはCDまで頂き。感謝
                      実行委員会の方々、浪曲協会の皆さん お疲れ様でございます。
                      category:浪曲 | by:政裕 | - | -

                      いきなり唸った

                      2016.01.23 Saturday 16:27
                      0

                        玉川太福さんの「浪曲’超’入門」に行ってきた

                        今回で3期目だという、僕は初受講です。はい

                        会場の新宿住友ビル、思っていたより遠かった。しかも帰りは動く歩道動いてない

                        途中の新宿三井ビル前、ここってテレビドラマでよく出てくるよね。

                        へえ、と思いながら カルチャーセンターに行くこと自体初体験です。はい


                        継続で受講している人も多いそうで

                        出席と取った後、しばらく話したら

                        「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」の外題付け皆なで唸り始めた。

                        前期でやったらしく、まあいいんだけど

                        で、次回からはそれに続く啖呵をやるみたい。


                        太福さん、思ったより謙虚な方で後援者が付くのが分かる。

                        たった3回の講座だけど、次回も楽しみ

                         

                        category:浪曲 | by:政裕 | - | -

                        PR
                        Calender
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << December 2018 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        まるごと三味線の本
                        まるごと三味線の本 (JUGEMレビュー »)
                        田中 悠美子,配川 美加,野川 美穂子
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM